よく使うtestコマンドのチートシート

概要

シェルスクリプトのif構文によく使われるtesコマンドの条件式をメモしておきます。

testコマンドの条件式

testコマンドの条件式
条件式 実行結果
-f file ファイルがあれば真を返す
-d ディレクトリ ディレクトリがあれば真を返す
-r file ファイルがあり、かつ読み込み可能ならば真を返す
-w file ファイルがあり、かつ書き込み可能ならば真を返す
-x file ファイルがあり、かつ実行可能ならば真を返す
-s file サイズが0以上のファイルならば真を返す
-e file ファイルあれば、真を返す

数値を使った条件式
条件式 実行結果
数1 -eq 数2 数1と数2が等しければ真を返す
数1 -ge 数2 数1が数2より大きい、もしくは等しければ真を返す
数1 -gt 数2 数1が数2より大きければ、真を返す
数1 -le 数2 数1が数2より小さい、もしくは等しければ真
数1 -lt 数2 数1が数2未満であれば、真を返す
数1 -ne 数2 数1と数2が等しくなければ、真を返す

以上になります。