DigitalOcean使うときのVagrantfileが面倒なことについて

概要

DigitalOceanを使うときに、Vagrantfileを下記のように編集するかと思います。

[ruby]
Vagrant.configure(‘2’) do |config|
config.vm.provider :digital_ocean do |provider, override|
override.ssh.private_key_path = ENV["DIGITAL_SSH_KEY"]
override.vm.box = ‘digital_ocean’
override.vm.box_url = ‘digital_ocean_box’
provider.client_id = ENV["DIGITAL_CLIENT"]
provider.api_key = ENV["DIGITAL_API"]
provider.image = ‘CentOS 6.4 x64’
provider.region = ‘New York 2’
provider.size = ‘512MB’
provider.ca_path = ENV["SSL_CERT_FILE"]
provider.ssh_key_name = ENV["DIGITAL_SSH_KEYNAME"]
end
end
[/ruby]

DigitalOceanを使うたびに毎回毎回同じ事を書くのは、非常に面倒だってことで、
今回は、Vagrantfileを読み込む順番を使って対応したいと思います。
(DigitalOceanに対応したVagrantfileをローカル、gitなどに作っておき、必要なときに持ってくればいいんじゃないかとか)げふん、げふん‥

続きを読む “DigitalOcean使うときのVagrantfileが面倒なことについて”